天空の神秘オーロラ
オーロラ完全ガイド
オーロラの知識
オーロラ爆発と磁気嵐
AUROA BREAKUP & MAGNETIC STORM

夜空に出現した一つ筋のオーロラが、突然破裂したかのように激しく広がり、幾筋もの光が上空を包み込む。究極のオーロラ体験と言われるオーロラ爆発。この極めて壮大で神秘的な現象が起こる背景には、磁気嵐と呼ばれる宇宙規模の現象が密接に関係しています。

KEY WORD for this page...

オーロラの形の違い

変化するオーロラ

夜空に出現するオーロラの規模は、太陽活動や地球磁場などの様々な要因で変化します。そのため、自然現象であるオーロラの形は様々であり、二つと同じ形をしたものは存在しません。しかし、その形のバリエーションは大きく3つのタイプに分けることできます。

それぞれのオーロラの形は、オーロラの活動レベルと、そのオーロラの観測位置によって決まってきます。オーロラを遠くから見ると「アーチ状(帯状)」のオーロラに見え、近くなると「カーテン状」として揺れ動く姿を見ることができます。そして、オーロラの真下では、まさに天から光が降り注いでくるかのような「コロナ状」のオーロラを見ることできます。オーロラ爆発とは、このコロナ状オーロラの最高レベルのものを指すものです。オーロラの活動規模が大きくなればオーロラオーバルも広がることになり、より真下で見られる確率が高まることで、オーロラ爆発に出会う可能性が高まるのです。

オーロラの形状の、代表的な3種類のタイプ
  • イメージ
    アーチ状(帯状)

    活動の弱いオーロラは遥か遠くに出現することが多く、夜空には帯状のアーチのような光の筋が走ります。オーロラベルトの淵では、比較的によく見られるタイプです。

  • イメージ
    カーテン状

    活動がレベルが高いオーロラを、離れた場所から見るとカーテン状に揺れ動く姿で見られます。多くの人がイメージするオーロラとは、このカーテン状のものではないでしょうか。

  • イメージ
    コロナ状

    活動レベルが最も高い時に見られるタイプで、オーロラオーバルの最も強いエリアの真下にいる場合、このように見えます。オーバルが大きく広がりを見せる時に、遭遇しやすくなります。

オーロラ爆発

非常に活発なコロナ状のオーロラが、オーロラ爆発、またの名をオーロラ・ブレイクアップと呼ばれる現象です。天空からシャワーのように降り注ぐ姿は、美しさを超えて恐怖さえ感じてくるほどです。ブレイクアップ(Breakup)は”裂ける”という意味がありますが、まるで天空が裂け落ちてくるように見えることから、名付けられたのかもしれません。頭上に降り注ぐ光が織りなす天体ショウは、見る人すべてに心が震えるほどの感動体験を約束してくれることでしょう。遭遇確率はけっして高くはありませんが、間違いなくトライする価値のある壮大な神秘の現象です。

 

磁気嵐

オーロラガイドのコラム ヤムナスカ・マウンテン・ツアーズ
堀口慎太郎

熱狂的なオーロラファンとサーファーの共通点?

  • まったく関係のなさそうな両者ですが、実は両者のファン心理には、とても面白い共通点があります。熱狂的なサーファーは、非常に大きな台風が到来すると、大きな災害であることは分かっているものの、巨大な波の到来を喜んでいる自分に気づくそうです。これは、地球に磁気嵐が到来し、様々な機関や電子機器に障害を引き起こすことは分かっているものの、オーロラ爆発の到来にそわそわしてしまうオーロラファンの心情と似ていますね。

 

低緯度オーロラ

低緯度オーロラが赤く見える理由

低緯度オーロラの原因となる磁気嵐は、通常よりも低い緯度である50度から60度付近までの範囲にも非常に強いオーロラを発生させます。『高度と色の関係』で説明したオーロラの色と高さの関係を思い出してください。

磁気嵐によるオーロラ爆発のように非常に強いオーロラの発生しているエリアでは、それぞれの高度に起因する赤、緑、ピンクなど色鮮やかな光が発生します。このような時はオーロラオーバルは非常に巨大で幅広になり、また、オーロラの発生する高度は約500kmにも到達するレベルになるでしょう。そして、このレベルのオーロラが発生している時に北海道から北の空を見れば、きっと空を赤く染めるオーロラが見えるはずです。地球は球体であるために低緯度から北の空を眺めると、高い高度の赤いオーロラが観測され、低い高度の緑は地平線の下に隠れてしまうのです。もちろん、オーロラオーバルがさらに幅広で巨大になれば、理論上は低緯度でも巨大な緑のカーテンが見えることになります。しかし、実際にはそのレベルのオーロラが観測された記録は残っていません。いつの日か、かつてないほどの太陽活動レベルに達した時、我々の日本でもコロナ状のオーロラが見える日が来るのかもしれません。

close
オーロラ完全ガイド
目次
検索
ページTOP
Close